本文へ移動

新着情報・お知らせ

新型コロナウイルス感染症陽性者の発生のお知らせ 追加 2/3

2/3現在の新型コロナウイルス感染症クラスターの状況:
ご利用者6名 職員5名 計11名(希望ヶ丘荘)

新型コロナウイルス感染症陽性者の発生のお知らせ 追加 1/30

1/30現在の新型コロナウイルス感染症クラスターの状況:
ご利用者4名 職員3名 計7名(希望ヶ丘荘)

新型コロナウイルス感染症陽性者の発生と面会中止のお知らせ 1/28

 1/20に新型コロナウイルス感染症抗原定性検査で職員1名が 陽性と判明し、その後、希望ヶ丘荘ご利用者2名の陽性が確認されました。職員は行政の指示のもとの週2回の抗原定性検査に加え、状況に応じ追加の検査もしています。
 つきましては当面の間、オンライン面会を含め、面会を中止させていただきます。
 ご心配・ご迷惑をおかけして大変申しわけございません。今後も感染拡大防止に努めてまいります。何卒ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

基本理念

―共に生きる―
 
利用者 家族と職員 地域の方々
 
ホームを取り巻く 緑豊かな自然母なる地球
 
そして 来たるべき未来とともに生きる
 
静かに命の灯を燃やしながら 美しき老いの年輪は輝く
 
その灯を愛しみながら 今日の日を共に歩む
 
愛と希望と平和をモットーとして

シンボルマーク

希望ヶ丘荘
このシンボルマークの「赤い屋根」は、利用者にとって希望に輝く第ニの家となるようにとの願いが込められています。また、両手を広げた形の「緑の葉」は、自然との共生と、利用者や地域の方々と共に生きる姿勢を表しています。
地域交流スペース
このシンボルマークの「丸い花」は、笑っている大勢の人をイメージしています。「グリーンホール」や「ティーサロン花」にたくさんの笑顔が集まり、交流の輪が広がる場所に育ってほしいとの願いが込められています。
(シンボルマークの決定にあたっては、菅田小学校児童のみなさんなどにもご協力いただきました。)

お知らせ

制度変更のため、平成26年度4月より社会福祉法人友愛会は希望ヶ丘荘(多床室)と希望ヶ丘荘アネックス(ユニット型個室)の2事業所になりました。

「えひめ仕事と家庭の両立応援企業」の認証を受けました

TOPへ戻る